previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

九州の凄い鯖と、黄金比率のたれ。
鯖好きがうなる、鯖寿司です。

博多で代々受け継いできた、黄金のタレと、対馬産の脂の乗った鯖でお作りした特別な鯖寿司(ばってら・鯖棒寿司)です。全国から、お取り寄せグルメとして「美味しい!」と、ご好評をいただいております。

鯖の旨みと脂の甘みをさらに高める、独自比率の黄金タレで、ついつい箸が進んでしまう美味しさから通販で人気です。贈り物にもお勧めしております。ぜひお通信販売で、お楽しみください。


●原材料
米(国産)、真鯖(長崎県対馬産)、砂糖、米酢、食塩、昆布、調味料(アミノ酸等)
※原材料の一部に小麦、大豆を含む)


黄金さば寿司が美味しい、
3つの理由

お取り寄せ品、贈り物として大変人気のある「黄金さば寿司」ですが、その美味しさには代々受け継いできた秘密があります。よろしければご覧ください。

美味しさの理由①
受け継いだ黄金比率のタレ

福岡博多は実は、全国一の「鯖寿司(松前寿司)」の消費地です。私たちの私的な集まりの中でも、「鯖寿司」は大切な場面で必ず登場していました。

その昔からの味をさらに追求して完成させたのが、この「黄金さば寿司」です。

博多らしい甘みと深みのあるタレは、伝承の黄金比率で、また黄金色に輝くことから「黄金さば寿司」と名づけております。

伝承の黄金タレ。甘みと深いコクが鯖の旨みを引き出します。


美味しさの理由②
博多流の締め加減とタイミング

素材の味を引き出し、深みを与える…。そのためには、鯖を締める加減や、タイミングが大切になります。

鯖を塩で締める時間、酢をうつタイミング、酢飯を合わせる加減など、ほんの少しの違いが仕上がりを左右します。

博多おぎはら寅吉では、その日の鯖の状態、気温などを見極めて調整を行います。

締めすぎない絶妙な加減は、代々受け継いできたもの。


美味しさの理由③
黄金タレとの相性を考えた、凄い鯖。

この鯖寿司を進化させるにあたり、一番時間を要したのがサバ選びでした。

皆様に食べて頂くなら、さらに凄い鯖寿司にしたい!九州各地の鯖を吟味していきたどり着いたのが、五島から対馬にかけて、黒潮で生きる鯖でした。

速い潮流の中でもまれ引き締まった身、冬になると脂ののり方が段違いに凄くなります。

改めて様々な鯖と比較した結果、やはり九州の味付けには、九州の鯖が最高でした。

九州北部の鯖は、脂のノリが違います。


黄金さば寿司は
こんな方におススメ!


肉厚な鯖寿司を食べたい。


博多の鯖寿司が大好き。


九州の鯖に魅了された。


贈り物を探している。


鯖が好きでたまらない!



鯖の旨みと脂の甘みをさらに高める独自比率の黄金タレで、ついつい箸が進んでしまう美味しさに仕上がっています。
ぜひ一度お試しくださいませ。


●原材料
米(国産)、真鯖(長崎県対馬産)、砂糖、米酢、食塩、昆布、調味料(アミノ酸等)
※原材料の一部に小麦、大豆を含む)



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてください。

博多おぎはら寅吉
レビューの平均:  
 0 レビュー
通信販売トップへ戻る