previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

無着色で追求した、博多のみりん干し。

みりん干し専用に吟味を重ねた、脂ののったトロサバを、無着色で作った伝承の黄金タレに漬けて、みりん干しにしております。

軽く焼くと香ばしさが広がり、トロサバのジューシーな脂が、黄金タレの旨さと一緒に口いっぱいに広がります。

無着色だからこその、角の取れた優しい味わいの中に、深い旨みを感じていただけ、お子様にも喜ばれています。大切な方への贈り物にも大変人気の品です。
ぜひご家庭へ、通販でお取り寄せください。



着色料不使用

●原材料
鯖(ノルウェー産)、みりん、砂糖、水飴、醤油、胡麻、調味料(アミノ酸等)、甘味料(サッカリンNa)
※原材料の一部に小麦、大豆を含む


じゅわっと広がる美味しさ。
無着色みりん干しの秘密。

博多では干物以上に人気のあるみりん干し。
その中でも当店の無着色「黄金みりん干し」は、旨みが濃いのに、優しい味と評判です。

その優しい美味しさの理由をお伝えします。

優しい美味しさ①
無着色の伝承黄金タレ

昔ながらの独自比率のタレを、さらに無着色で追求してバランスを整えて作ったのが「黄金みりん干し」です。
深いコクと甘みがあり、それが魚のジューシーさをさらに高めています。
出来立てが黄金色に輝くため「黄金みりん干し」と名づけました。


優しい美味しさ②
昔ながらの手作業と、絶妙な加減。

魚をさばくところから、漬け込み、干し作業まで最初から最後まで昔ながらの手作業で仕上げます。

正直手間はかかりますが、手作業だからこそ、魚の状態がよくわかるため、漬け込み時間や干し時間など細やかな調整が可能になります。

これにより、魚本来の旨みやジューシーさを残したまま、博多ならではの黄金タレの美味しさを加えて、美味しいみりん干しになるのです。

魚の状態、気温などを見極めて調整します。


優しい美味しさ③
みりん干しに適した魚。

博多おぎはら寅吉では、基本的に九州、玄界灘の魚を使ったものがほとんどですが、黄金みりん干しに関してはノルウェー産のトロサバにこだわりました。

非常に脂が多く、これがコクのある黄金タレと相性抜群だったからです。
ぜひこの相性を食べて確認していただければ幸いです。


無着色で完成させた希少なみりん干しです。香ばしさの中の深いコクと甘みが、ジューシーな鯖を引き立て、子供も喜んで食べるほど。
ぜひこの味を一度お試しくださいませ。


着色料不使用

●原材料
鯖(ノルウェー産)、みりん、砂糖、水飴、醤油、胡麻、調味料(アミノ酸等)、甘味料(サッカリンNa)
※原材料の一部に小麦、大豆を含む



通信販売トップへ戻る